先週末だったかボルケーノハイウエイで

気になる看板を見つけて

横道にそれて行ってきたよ。

別名ジンジャー街道と呼ばれる

マウンティンビューを過ぎたあたりから

道の両サイドには

イエロージンジャーが咲き乱れる頃は

窓を開けてゆっくり走るのだが

この日はのんびりドライブ

脇道を500mほど入ってゆくと

赤い看板が呼び込んでくれたよ。

先客が一人いましたが

Bonnieおばさんがドアを開けて

さあ、中に入ってよ!

靴のままでいいからさ。と

リビング奥のキッチンテーブルには焼きたてのPIEが

アップルパイ、ストロベリーパイ

そしてピーチパイが

大中小と並んでいたよ。

ピーチは缶詰だろうと思ったので

アップルは何?と尋ねたら

ボニーおばさんは もちろんFUJIよ❣ と即答。

そうなんですよね FUJIリンゴは

シャキシャキ感があって パイには絶対!

(KTAの冷凍セクションには

ビックアイランド・キャンディと

ビックアイランド・ディライトの2種類売ってますが

ディライトの方がシャキシャキ感が有って好きですね。)

アップルパイを1個とストロベリーパイを1個買って

お金を払おうとしたら

我が家のオリジナルチキンを焼いたので

是非食べてみて!と勧められたのが

チキンパイで野菜と具沢山、

クリーミーで美味しかったよ。

でも、ストロベリーのはずがピーチだった((笑))

リビングのソファーには

油絵画家のおっさんが座ってたので

ご主人ですかと尋ねたら

ボニーおばさんが 「私のボーイフレンドよ❣」とニコニコ。

帰りの車の中で考えたのは

「我が家のオリジナルチキン」の意味

このチキンパイがボニーおばさんのオリジナル?

それともチキンそのものがオリジナル?

庭の鶏を絞めて捌いたの?

ボルケーノの森では当たり前の光景でしょうが

どっちかな? 後者なら 地鶏で

身がしまってて美味しいのか?硬いのか?と

連想しながら帰ってきました。

このバナーをクリックお願いいたします❣