古代のハワイアンの文化を学んでいると

なるほど、、、

そうか、、、、

だよね、、、、 とよく考えたら当たり前の事

その当たり前のことを忘れてしまってる

自分に気が付くことがある

近年のわれわれはただ便利さに踊らされ

物事の基本を忘れがちになってるのだろう

「昔の人は良いこと言うよね」とは

単にその時代には当たり前のことを言っているに過ぎないのだが。。

ハワイアンの歴史を振り返ると

西洋文化が入ってきたあたりから

おかしくなり始めてきたようですね

サンダル・ウッド(白檀)の木がハワイから姿をなくしたのも

最近ではコアの木の伐採を禁じて保護に努めてるのも

過去の悲しい経験からの事であろう

いつだったか

一人の漁夫が いい話をしていた

「我々ハワイアンは昔から身についてる文化がある」

「魚や植物、果物も 今必要な量だけしか採取しない」

全部採っちゃうと明日にも、来年にも困るから。。。」

まさに「文化の継承」その通りである

◎文化の継承の大切さ

彼は訪れた観光客の前で

ただ当たり前のことを話していた

祖父から子供の頃に聞いたことを

今も守っているだけだ!と、、、。

その話をしている彼の眼には

幼少の頃の祖父と、父と毎日のように

海に出て魚や海藻を採っていたようだが

その話をしている表情には何か悲しげな、、、

そして時には何か訴えるような、、、

怒りを込めた目にさえも見えたね、、、。


◎新しい文化と守り続ける文化

話を先ほどの白檀の木に戻してみよう

とても良い香りのする木で

白檀の木で作った扇子などは

多くの人に愛され続けている工芸品であるが

大きな家具などは今ではなかなか手に入らない代物

その白檀 サンダルウッドがハワイには多く育っていたそうだが

西洋からの侵入者たちに 上手く話を持ち掛けられて

武器一つと 山一つを交換して

気が付いたころにはハワイの山々から白檀の木は

姿を消してしまったそうだ

伐採された白檀の木は材木として中国に送られ

高級家具になってシルクロードを通って

ヨーロッパに運ばれて貴族たちを喜ばせたそうだ

皆さん!次にヨーロッパを訪問されたときには

アンティークショップに立ち寄り

家具を探してください!

製造は中国製でも原材料はハワイ産がきっと

見つかると思いますよ

この木像は その時の怒りの顔かも知れませんね

僕の大阪の友人にも

以前ヨーロッパで買ってきた骨とう品の家具を

嬉しそうに撫でながら これはハワイ原産だ!

威張っていた奴がいましたが、、、(笑)


◎海の文化 野山の文化

今思い出したことがあります

以前に同じようなことを聞いたことが。。。

そうです KumuLeiの彼が

わが家にお泊りの方々にレイメイキングのワークショップをやったとき

野山に花や草木を採りに行くところから

彼のワークショップは始まる

同じ花でもここのは取っていい、、、隣に咲くこれは

採っちゃだめだよ!

この枝は切ってもいいが この枝は絶対に切っちゃダメ!と

来年の事をいつも考えながら生徒さんたちに教えてた

これって 今日の登場人物の漁夫と

全く同じことを言ってるんだよね

確かに 片や岩場に生えてる海藻も

片や 野原に咲く花も。。。

ハワイには魚の養殖のための

フィッシュポンドが至る所にあるのは

ハワイ好きの皆さんはご存じでしょうが

この生け簀の仕組みは素晴らしいよね

詳しくは次の機会にお話いたしますが

とにかく賢いのだが

その教えを後世の人々が受け継いで守っていることが

はるかに素晴らしいことであるかを

今日はいろいろな角度から聞いていただきました

漁師のおじさん とても良い話を有難う!

貴方のお話のおかげで我々は

沢山考えさせられました

このバナーをワンクリックしてください。


関連記事&Wikipedia

白檀

ハワイにもあった白檀の木